本文へスキップ

(有)清水商会は、美術刀剣、武道居合刀、古式銃、骨董古物販売専門店です。

(有)清水商会/レオパルド

電話でのお問い合わせはTEL.048-644-3477
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町3-7

          
              

商品紹介item list

★第43回重要刀剣 大和当麻派長有俊
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
特別おすすめ品

★第43回重要刀剣 大和当麻派長有俊
今月は1割引!
 



★鎌倉時代太刀、糸巻陣太刀拵。大星白鮫/金茶糸巻柄、
花の図太刀金具揃い、金梨地鞘、
「上り藤に鎖鎌」の家紋8カ所有。研上り白鞘、
田野辺道宏先生鞘書有。
銅/金着2重ハバキ、棒樋、直刃、大磨上無銘、
平成9年10月30日指定第43回重要刀剣「刀 無銘 長有俊」
山口403(大名登録)昭和二十六年三月三十一日

○長有俊―鎌倉時代建武頃、大和当麻派、二代有俊、
長兵衛尉有俊→長有俊。


第43回重要刀剣 「大和当麻派長有俊」特別おすすめ品 
700万円の品
今月は1割引 630万円

法量 2尺2寸4分(67.9㎝) 元重6.55㎜ 元巾29.26㎜
刀身重量603g反り7分 先重6.25㎜ 先巾22.67㎜

★戦国武将・佐々成政の末裔家系の佐々淳行氏の重要刀剣。
佐々淳行氏は、1930年12月11日生れの87歳。
東京麻布出身、東京大学法学部卒業後、
警察官僚初代内閣安全保障室長、第15代防衛施設庁長官。
特に、東大安田講堂事件、あさま山荘事件、ひめゆりの塔事件など、
警備実施を指揮し、辣腕を振るい、大活躍された。
日本美術刀剣保存協会第7代会長、刀剣博物館館長。

日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
 


★江戸時代打刀、研上り白鞘、銅/金着ハバキ、
互の目乱れ、保存状態極上品。
銘「上野守吉国(土佐)」日本美術刀剣保存協会・特別保存刀剣。
○吉国―江戸時代寛文頃(1661~1672年)、土佐。
森下孫兵衛。播磨守吉成の子。陸奥守吉行の兄。(
坂本龍馬の愛刀は、陸奥守吉行で有名。)初代大和守吉道門人で、
伏見両替町に住し、土州では日下村に住す。業物。
○刀剣愛好家のお客様が、東京有名店で120万円で購入した品。

江戸時代土佐名刀、日刀保特別保存刀剣・
下取品で特別大奉仕 100万円
法量 2尺2寸8分(69.0㎝) 元重7.49㎜ 元巾31.66㎜
刀身重量785g反り1.1cm 先重5.70㎜ 先巾21.24㎜


アプラス社インターネットショッピングクレジット
(1~60回払い)O.K.御相談ください。




(有)清水商会/レオパルド

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町3-7
午後1時~午後7時、
毎週火曜日定休
TEL.048-644-3477
FAX.048-647-7434

古物商許可証番号
第431060020589号
埼玉県公安委員会

友だち追加